ドラッグストア監修の服薬指導に関する解説するサイト

薬歴とは?

薬歴という言葉を聞いたことはありますか?医薬分業が進んできた最近では、耳にすることも多くなりました。薬歴とは、薬剤服用歴管理記録簿のことで、患者が服用している薬の記録をしたものです。薬歴には薬の記録のほかにも、患者の体質やアレルギー、薬に対する患者の訴え、そして患者に説明した内容などまで記入されています。薬剤師は調剤を行う際に、この記録と照らし合わせてチェックを行うようになっています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

また、安心して薬を服用してもらうために、薬剤師は調剤前に過去に処方されて薬と似たような成分の薬で、副作用やアレルギーを起こしたことがないかを確認するなど、患者からいろいろな情報を聞きます。薬剤師はその情報をもとにして調剤を行っても良いかを判断しています。その情報はまた新たに薬歴に記入されて、次の調剤にも役立てていきます。こうして薬の情報や状態、患者の情報を記録し、保存していくことで、スムーズな調剤ができるようにしているのです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

また、薬歴を記録していることで薬の飲み合汗についても管理することが可能となります。また、別の病院ですでに似たような成分の薬を調剤していた場合、薬が重複することを避けることもできます。薬剤師に薬歴をしっかりと管理してほしいと思うなら、家の近所などで行きつけの調剤薬局を作ると良いでしょう。処方する病院が複数あっても、一つの調剤薬局で薬を受け取るようにすることが肝心です。

 

薬剤師 就職