ドラッグストア監修の服薬指導に関する解説するサイト

ビタミン剤の服用時の注意点

ビタミンと聞くと体に良いイメージがあるため、手軽に摂取できるビタミン剤を多く飲んでしまう人もいます。しかし、ビタミン剤の摂りすぎには十分に注意が必要です。ビタミンは水溶性と脂溶性の2種類があり、水溶性は水に溶けやすいので、数時間で尿などと一緒に排出されます。しかし、脂溶性のビタミンは使いきれずに余ったビタミンが体内に蓄積され、過剰症を引き起こし障害を起こす可能性があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

ビタミンAでは頭痛や肝機能障害を引き起こし、ビタミンDは腎障害を、ビタミンKでは肝機能障害などの原因となります。ただし、ビタミンEに関しては過剰症の心配はいらないと言われています。食事から摂取するビタミンに関しては心配はいらないのですが、ビタミン剤には注意が必要です。ビタミン剤胃腸の消火活動が活発な食後に飲むと効果的です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

ビタミンが吸収されやすいうえに、ビタミンA、D、Eといった脂溶性ビタミンは脂肪分が吸収を助けるため、体に蓄積されにくくなります。また、一度に何錠も服用するのではなく、1日3回に分けて飲むことで、ビタミンを効率良く吸収することができます。また、ビタミンB1はアルカリ性に弱いので、ビタミン剤を飲む際には重曹(炭酸水素ナトリウム)入りの胃腸薬と一緒に服用するのは避けましょう。腎臓疾患や通風の人は、ビタミンCを大量に摂取すると症状を悪化させる可能性があるのため、医師に相談することをお勧めします。

 

ドラッグストア