ドラッグストア監修の服薬指導に関する解説するサイト

各科ごとの服薬指導の違い

服薬指導は、それぞれの科によって重点を置くポイントがあります。例えば、小児科だと薬を服用するのは子供ですが、それを管理する親にしっかりと薬に付いて説明する必要があります。特に、副作用などについては親も敏感で心配するところ。親が納得して子供に薬を服用させるように、薬の効果や治療の大切さを伝えなければいけません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

もし精神科であれば、理解力の違いを汲んだ対応が必要になってきます。飲み間違いや飲み忘れが起こらないように工夫が必要ですし、患者ときちんとコミュニケーションを取りながら信頼関係を築いていかなければいけません。信頼関係に関しては、精神科に限ったことではありませんが、精神科の場合はさらに密な関わりとなるため、患者だけでなく、その家族との信頼関係も必要です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

科のちがいではありませんが、高齢者の患者に服薬指導を行う際にも、患者が分かりやすいように噛み砕いた説明の仕方が大切になってきます。また、家族によっては副作用を気にする場合もあるため、そのときは家族にも服薬指導を行い、治療のために薬の服用が必要なことを伝えます。もちろん副作用についてもきちんと説明し、何か気付いたことがあったら連絡をしてもらうにすると良いでしょう。こうした服薬指導については、それぞれの科で少しずつ違いがあります。その違いを理解することで、スムーズに服薬指導を進めることができます。

 

薬剤師国家試験