ドラッグストア監修の服薬指導に関する解説するサイト

精神科における服薬指導

精神科の特長として挙げられるのが、一人の患者やその家族との付き合いが長くなること。そのため、服薬についての指導だけでなく、話を聞くと言う要素もとても大きいようです。精神科における服薬指導で気を付けておきたいこととは何でしょうか。まず、理解力に差がある可能性があるため、工夫が必要です。どの薬を飲むのかが分かりやすいように印を付けたり、一包化して渡すなど、薬の飲み忘れや飲み間違いが起こらないようにする必要があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

また、患者の治療には家族の協力も必要不可欠です。患者に薬を渡しても、副作用を気にして服用を止められることもあります。そういった場合には家族にも服薬指導を行い、安全性や副作用に付いて、そして治療に必要な薬であることを伝えることも大切です。その際には、何かあったら相談してくださいと付け加えると、家族も安心するため重要のようです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

体調が回復して薬の量が減ったとしても、それを不安に感じる患者もいるため、それぞれのニーズに合った対応が必要となります。なかには、強いこだわりを持つ患者もおり、薬のメーカーを限定してくる場合があるので、その場合にはジェネリックの紹介を控える必要もあります。自分のこだわりが理解されないとパニックになることもあるのだとか。そのため、工夫をしながら服薬指導をすることが重要です。そして何よりも医師とコミュニケーションを取りながら、処方する薬について確認していくことが大切です。

 

薬剤師 求人