ドラッグストア監修の服薬指導に関する解説するサイト

薬とは?

私たちが体調を崩した時、薬は回復の手助けをしてくれます。しかし、薬について具体的に考える機会は、そういった仕事や勉強をしている人でない限りあまりないのではないでしょうか。ある友人が言うには、薬は『毒』だと言います。私たち人間には、本来自然治癒力が備わっていて、自分で病気やけがを治すことができるのです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

薬はあくまでもその手助けをするものなので、体に不調がないのに薬を服用することは逆に体調を崩す可能性があると言います。ではなぜ、毒物を使って治療をするのでしょうか。簡単に言えば、病気が原因で起こる症状と薬の毒性を比べると、薬の毒性の方が軽く病気が原因で起こる体の不調の方が大きいから。薬の持つ毒性が、いわゆる副作用ということになります。薬には飲み合わせがあり、一緒に飲むことで薬の効果を消してしまうことや、逆に薬の効果が得やすくなるものもあります。こうした効能に響いてくることも、毒性が関係しています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

現在では薬は安全に服用できるようになっているので、毒であることを考える必要はありませんが、意味もなく服用することは絶対に避けるべきだと言えるでしょう。薬を受け取るときには、薬剤師に説明をしっかり聞いて、効果的な薬の飲み方をすることをおすすめします。もしドラッグストアなどで自分で薬を選び購入した場合には、面倒でも添付されている説明書をよく読み、正しい用法・用量で使うことが大切です。

 

薬局