ドラッグストア監修の薬の服用について

薬の服用について

薬はよく食後に飲んだり、食前に飲んだりと、何かと食事のタイミングと関わっています。これは、服用することを忘れないようにするためや胃への負担を軽くするため。

 

また、薬の効果を100%発揮するためでもあります。薬の効果は一定の時間で切れてしまいます。そのため、等間隔で薬を飲んで、その効果が切れないようにする必要があるのです。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

では、食前食後とはいつになるのでしょうか。食前は食事の約30分前で、食後は食後約30分以内に服用すれば大丈夫です。食直前、食直後という飲み方もあり、それぞれ食事をする直前や食後直後を指します。なかには食間もあり、これは食事と食事の間に服用することで、大体食事の2時間後に服用することを指しています。

 

高熱などを出すと頓服薬が渡されることがあります。頓服は必要な時にいつでも服用可能な薬で、1回飲むだけで効果を得ることのできる強い薬です。他には寝る前に飲む就寝前や、指定された時間に服用する時間薬などもあります。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら