ドラッグストア監修の服薬指導に関する解説するサイト

服薬指導の目的

調剤薬局に処方箋を持っていき、薬をもらう際に、薬の飲み方や飲む量、飲むタイミング、副作用など、いろいろな説明を受けます。これは服薬指導と言いますが、服薬指導にはいくつかの目的があります。まず1つめが、服薬率を高めること。最初のうちは薬をきちんと飲んでいても、症状が改善されるにつれて、ついつい気が緩んで薬を飲まなくなります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

病気によっては、薬を最後まで飲まないと、病原菌が薬の耐性を持ってしまうことがあります。病気の症状が改善し、服用を途中で止めてしまうと、死滅しかけていた病原菌に抗体ができてしまい、病気が再発した際に薬を服用しても、薬が効かないのです。それを防ぐために、薬について説明を行い、服用を促します。また、副作用についての説明も目的の一つです。副作用としてどういった症状があるのか、何に注意が必要かを説明します。服薬指導は、薬に対する不安を解消する役割も持っています。例えば妊婦さんや授乳中の女性だと薬の影響が退治や子供に及ばないか不安です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

そういったことを解消する目的があります。そして、医師や看護師、薬剤師など、薬のプロから医療情報を提供するという役割も担っています。患者が知りたいと思い薬の情報を提供し、理解を深めてもらうことも大切です。服薬指導は、効果的な薬の服用で、患者の病気の症状を少しでも早く回復するために必要不可欠です。

 

薬剤師国家試験