服薬指導に関する情報サイト

服薬指導とは?

服薬指導とは、患者が医薬品を適正に使うことができるように、薬を飲むタイミングや量、使い方などを教えるなどの総合的な管理を行うことです。





薬剤師などが服用する薬の用法、薬の効果、注意事項などを詳しく説明します。また、薬の効き目や副作用などについても伝え、患者の不安を解消する役割もあります。最近調剤薬局で薬をもらうと、『お薬手帳』というものを受け取る人が多いと思います。

お薬手帳も服薬指導の一環で、服用している薬がないか、もしあるなら今度渡す薬との飲み合わせ(相互作用)に問題がないかなども細かくチェックします。


また、服薬指導の目的として、患者が必要としている薬の情報を出来る限り提供することも含まれています。薬は正しい飲み方をしてこそ、本来の効果を発揮することができます。


ドラッグストアなどで薬を買うと、薬剤師が用法・用量、副作用について説明をするようになったのも、薬のことをもっとよく知ってもらい、正しい飲み方で本来の効果を出して、患者の健康に繋げるためです。薬局で薬を購入しても、服用の際に自分で用法・用量をよく読んで納得してから飲むと言う人はほとんどいないでしょうし、薬剤師から説明を受けることで、薬のことを理解できることもメリットの一つです。

服薬指導には服用する薬以外にも、塗り薬や湿布などの貼る薬などの使い方や使う回数、使うタイミングなども入ります。

 

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

服薬指導の目的

調剤薬局に処方箋を持っていき、薬をもらう際に、薬の飲み方や飲む量、飲むタイミング、副作用など、いろいろな説明を受けます。これは服薬指導と言いますが、服薬指導にはいくつかの目的があります。まず1つめが、服薬率を高めること。最初のうちは薬をきちんと飲んでいても、症状が改善されるにつれて、ついつい気が緩んで薬を飲まなくなります。病気によっては、薬を最後まで飲まないと、病原菌が薬の耐性を持ってしまうことがあります。病気の症状が改善し、服用を途中で止めてしまうと、死滅しかけていた病原菌に抗体ができてしまい、病気が再発した際に薬を服用しても、薬が効かないのです。それを防ぐために、薬について説明を行い、服用を促します。また、副作用についての説明も目的の一つです。副作用としてどういった症状があるのか、何に注意が必要かを説明します。服薬指導は、薬に対する不安を解消する役割も持っています。例えば妊婦さんや授乳中の女性だと薬の影響が退治や子供に及ばないか不安です。そういったことを解消する目的があります。そして、医師や看護師、薬剤師など、薬のプロから医療情報を提供するという役割も担っています。患者が知りたいと思い薬の情報を提供し、理解を深めてもらうことも大切です。服薬指導は、効果的な薬の服用で、患者の病気の症状を少しでも早く回復するために必要不可欠です。

 

薬とは?

私たちが体調を崩した時、薬は回復の手助けをしてくれます。しかし、薬について具体的に考える機会は、そういった仕事や勉強をしている人でない限りあまりないのではないでしょうか。ある友人が言うには、薬は『毒』だと言います。私たち人間には、本来自然治癒力が備わっていて、自分で病気やけがを治すことができるのです。薬はあくまでもその手助けをするものなので、体に不調がないのに薬を服用することは逆に体調を崩す可能性があると言います。ではなぜ、毒物を使って治療をするのでしょうか。簡単に言えば、病気が原因で起こる症状と薬の毒性を比べると、薬の毒性の方が軽く病気が原因で起こる体の不調の方が大きいから。薬の持つ毒性が、いわゆる副作用ということになります。薬には飲み合わせがあり、一緒に飲むことで薬の効果を消してしまうことや、逆に薬の効果が得やすくなるものもあります。こうした効能に響いてくることも、毒性が関係しています。現在では薬は安全に服用できるようになっているので、毒であることを考える必要はありませんが、意味もなく服用することは絶対に避けるべきだと言えるでしょう。薬を受け取るときには、薬剤師に説明をしっかり聞いて、効果的な薬の飲み方をすることをおすすめします。もしドラッグストアなどで自分で薬を選び購入した場合には、面倒でも添付されている説明書をよく読み、正しい用法・用量で使うことが大切です。